1周年御礼年賀メール■サイト未掲載のSS限定配信

Count down12/31-1/1 2002.正月



 時計の針が11時半をまわろうとしていた丁度その時、二人の兄と弟は熱を帯びた躰を重ね合い、淫猥な情景を見せていた。


「ねぇ裕太、裕太の躰熱くなってきてるの分かる?」
「んっ…もう周助の欲しいんだけど…」
「ダメ。まだ全然裕太の可愛がってあげてないじゃない」

 周助はニコリと微笑むと、裕太の下半身に手を伸ばした。
 そして、その手はドクンドクンと脈打つ裕太の一点に伸びていく。

 いやらしい手の動き。
 周助の細い指は粘りつくように、熱くなっているその部分に絡みついていった。


以下続く・・・

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
サイト掲載のCount down番外です。1周年を記念したお申込者様限定配信の
兄弟やおい18禁ssでした。周裕でいくつもりが結局は裕周に・・・(苦笑)