夕焼け空 2001.10.11

君と見た夕焼け空。

空いっぱいに敷き詰められたピンク色の雲。


君はどんどん遥か高く空高く天に昇る。
手の届かない所にいる遥か高く遠くの人・・・      



だけど、そんな君と一緒にこうしている時間が大好きだった。
陽に照らされ同じ道を歩く。


ボクの大好きな夕焼け空。

「空がキレイだね・・・」

ボクがそう言って空を見上げると、
君は少し微笑んで朱色に色づく空を見上げる。



一緒に帰ったこの道。思い出がいっぱい詰まった夕焼け空。
ただ今他愛もない話をしてただ一緒に帰る通い慣れたこの道。




ボクの心に刻み込まれた幸せの瞬間の一時。
君と共に歩んできた部活も、試合もテニスも。
君と帰るこの帰り道も。
全部がボクの大切な時間だった。


そんな毎日の中でボクは必死に生きていた。


君と一緒にこうやって帰れる日も、
もう残り僅かになって来たんだね。


「手塚、明日も頑張ろうね」

「あぁ・・・」

君と一緒に見れるこの夕焼け空もあと少し。
ボクは、1日1日を噛み締めながら君と過ごしたという印を
この空に刻み込む。


今日も君は輝いています。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
special Thanks!☆シナモン